スケジュール

STEP01

具体的な日程
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

STEP02

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

STEP03

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

STEP04

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

候補アーティスト

青柳菜摘

東京都生まれ。東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了。主な展示に「彼女の権利 ─ フランケンシュ タインによるトルコ人、あるいは現代のプロメテウス」(NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]、2019)、第10回恵比寿映像祭(東京都写真美術館、2018)等がある。2022年9月より「亡船記」(十和田市現代美術館サテライト会場 space)開催予定。プラクティショナーコレクティヴであるコ本やhonkbooksを主宰。

「現在の私たちの世界は、様々なメディアによって記録され、ログが残されている。青柳菜摘の作品は、そうした非人間的な視点の存在を意識しながらも、日々の小さな変化を捉えるきわめて個別的な感覚をどのように残すことができるかを主題としている。蝶の孵化のような小さな変化をどのように捉え、自分のものとすることができるのか、あるいはそれは不可能なのか。彼女の作品は、現在の世界状況に敏感に反応しつつ、人間らしい血の通った営みを、日々どう刻印していくかという試みの連続である。」 - T.Y.

作品

藤倉麻子

埼玉県生まれ。東京外国語大学南・西アジア課程ペルシア語専攻を卒業後、東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻を修了。都市・郊外を横断的に整備するインフラストラクチャーや、それらに付属する風景の奥行きに注目し、主に3DCGアニメーションの手法を用いて作品制作をおこなっている。2021年からは物流と庭に関するリサーチプロジェクト「手前の崖のバンプール」を主宰し活動を展開している。主な個展に「Paradise for Free」(Calm & Punk Gallery、2021)。主なグループ展に「多層世界の中のもうひとつのミュージアム──ハイパー ICC へようこそ」(NTT コミュニケーションセンター[ICC]、2021)、「Back Tokyo Forth」(東京国際クルーズターミナル、2021)など。

「首都圏近郊の工業地帯に生まれ、開発途上にあるインフラの構造物が林立する風景のなか で育った藤倉は、その原風景をもとに、3DCGアニメーションによる、極彩色の空間のイメージを制作する。無人の空間に、独自の動きを持つ高速道路や下水道など都市のインフラの断片が配された風景は、彼女にとっては自然と人工物、人間と非人間を超えた、原初的な風景のイメージであり、人間の限定された生から私たちを解放してくれる、奥行きを持った楽園のヴィジョンである。」 - T.Y.

作品

アーティスト名

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。

アーティスト名

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。

作品

アーティスト名

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。

アーティスト名

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。

アーティスト名

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。

アーティスト名

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。

アーティスト名

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。

アーティスト名

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。

キュレーター

藪前知子

東京都美術館学芸員
東京都生まれ。東京都現代美術館学芸員を経て2022年より現職。

これまでの主な担当企画に「大竹伸朗 全景 1955-2006」(2006)、「山口小夜子 未来を着る人」(2015)、「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」(2015)、「MOTサテライト2017 往来往来」(2017)、MOTアニュアル2019 Echo after Echo:仮の声、新しい影」(2019)、「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」(2020)、「クリスチャン・マークレー トランスレーティング[翻訳する]」(2021)など。外部企画に「札幌国際芸術祭2017」(2017)、「gallery αMプロジェクト 東京計画2019」(2019)など。国際美術評論連盟(AICA)、国際美術館会議(CIMAM)会員。

キュレーター名

経歴経歴経歴経歴経歴経歴経歴経歴

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。

キュレーター名

経歴経歴経歴経歴経歴経歴経歴経歴

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。

キュレーター名

経歴経歴経歴経歴経歴経歴経歴経歴

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。

キュレーター名

経歴経歴経歴経歴経歴経歴経歴経歴

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。